RSS

今年のお正月からマイのブログに中傷コメントが多数きました。







同じ事務所の一番仲良くしてた人とIPが一致しました。






すごくショックでした(・_・、)

- お知らせ|小関舞☆my☆Diary (via isbsh)

asobiusagi:

2chan.net [ExRare]

asobiusagi:

2chan.net [ExRare]

なぜストーカーは、こうした執着心や支配欲を持ってしまうのか。 これまで10年近くにわたって、多くの加害者と向き合ってきた、NPOの吉祥眞佐緒さんです。 吉祥さんが要因の1つとして指摘しているのが、幼少期の家庭環境です。 加害者の家庭では、父親が母親に対して、暴力を振るっていたケースが多いといいます。

NPO アウェア 吉祥眞佐緒さん 「自分の意に反するような行為をする者に対して、罰を与える、罰してもいい。 そういうことをする権利が自分にはある。 そういうことを考えている、勘違いしている人は多いと思います。」

-

ストーカー加害者の告白  - NHK クローズアップ現代 (via otsune)

最後の一文に本質を見たような気がする…。

(via radioya)

どんな形にしろ、アウトプットするとしないとでは天と地ほどの差があります。

- Amazon: 考具 ―考えるための道具、持っていますか?: 加藤 昌治 (via usaginobike) (via gkojay) (via usaginobike) (via h0515e) (via nemoi) (via nwashy) (via exposition) (via myon520) (via tora-friday) (via narukish) (via drunkrabbit) (via narukish) (via kenshirou521) (via hirunemono)

管理側も労働側も、考えてみればわかるが、「仕事をするふり」が入る余地の無い「8時間」というのはたいへんな労働で、夕方の退社時間になれば、みな青ざめた顔をして、疲労困憊の表情になる。

- 中身のないパイについてのノート | ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日 (via dorelax)

「趣味は上達すると面白い」は正解だと思うんだけど、割と多数の日本人は「趣味は上達しないといけない」「上達しないなら、最初からやらないほうがマシ。時間と金と体力のムダ」みたいな思考があると聞いた。一方外国では「ボクは○○が趣味なんだ!スコアは万年初心者だけどね!」なんかも多い

- Twitter / Yuruyuru_news (via igi)

・金は人間を、必ず現実的な、即効性のある従属関係に陥れる。

- 『人間関係』:紙魚:So-netブログ (via ginzuna)

ナポレオンは、最も危険な瞬間は勝利の直後であると言っている。攻撃がやんで、これでもう安全だと思ったとたん、副交感神経系の揺り戻しが起き、生理的にも心理的にも身動きがとれなくなる。

- 『 戦争における「人殺し」の心理学 』 (via yellowblog)

そこで、本論に入る。しかれども、なぜ、日本の通貨である円は高いままなのか。この問いに対するアメリカの学者(ステルツァー博士)の答えを、ジャーナリストの日高義樹氏が次のように伝えている。

「日本の社会は安定しているし、日本人は信用に値する人々だ。日本の金融機関にお金を預けておけば安心だ。騙されることがない。どこかの国のように政府が闇で操作して預金を奪ってしまうこともない。だから世界の人々は日本の国債を買う。その結果、円が高くなる」

要するに、世界における日本の価値は、「信用」なのだとアメリカの学者が言っている。つまり、日本が、「ウソをついてはいけない」という文明を自信を持って貫く限り、この日本の価値は衰えることはない。

近い将来、世界は、チャイナ企業とコレア企業の常習的粉飾決算に驚くであろう。彼らの文明では、帳簿に真実を書くことはありえないからだ。

日高氏は、アメリカの高名な学者の答えを紹介したが、私は、昨年の東日本被災地において救援活動を展開したアメリカ海軍救援物資輸送ヘリの女性機長の話したことを次に紹介する。

「ある学校の屋上にSOSの文字を発見した。そしておそるおそるヘリを屋上に着陸させた。何故なら、アメリカを含む世界の諸国では、救援物資を運ぶヘリに被災者が群がって収拾がつかなくなるからだ。

しかし着陸してみると、年配の男性が一人静かにヘリに近づいてきて、被災者数百人がいるという。救援物資を渡すというと、みな静かに列を作ってバケツリレーをして受け取った。

他の国にある物資の奪い合いなど全くなかった。そして、もうここまででよいという。まだあるといって渡そうとすると、男性がきっぱりと断って、他の場所にいる被災者に渡してくれといって、どうしても受け取らなかった。

さらにけが人を運ぶというと、足を骨折した老人が一人いるので彼を運んでくれといった。そして、老人が申し訳なさそうに乗せられた。

この日本人の優秀さと精神性の高さは、アメリカ軍の公式記録に載せられる。」

我々は、昨年の東日本の被災地の同胞に感謝しなけらばならない。彼らは苦難の中において、文明を失わず、「日本人は如何なる民族なのか」を世界に発信してくれたからである。

そして、わが文明に誇りと自信を持って、いよいよこれから、ウソをつくことを悪いこととは思わない文明に、正々堂々と反転攻勢をかけねばならない。

そのために、まず、国内の異文明人、つまり、チャイナとコリアと同じマインドを持って、国民をだますことを悪いことだと思っていない政党と政治家を撲滅しよう。

-

日本の価値は「信用」である  西村眞悟 | 杜父魚文庫ブログ

こういう、内に熱い想いを秘め、表面的にはたんたんと冷静な文章を書ける人になりたい。

(via it-tutor)

おれたちは、歳をとると、自然に、ある程度は、「親切に、やさしく」なるもんだ。
人生、いろいろと辛いことがあっても、助けられることだってあって、社会とつながってるし、みんな助け合って、生きているんだっていうことが、実感できるようになるんだ。

- すべての若い人に読んでほしい、今季のアメリカで最高の「卒業生に贈るスピーチ」 - ICHIROYAのブログ (via kotoripiyopiyo)